京都人妻出会い

京都の淫乱人妻達

50歳になる私の夫は、京都の学校の数学教師で、学校では生活指導主任をやってます。

子供は、高校生の娘がひとりだけです。

私は36歳の人妻熟女。女として最向に熟れごろで、おいしい時だと思っています。

それなのに毎日家庭に拘束され、外には出られず、人との対話もまったくありません。

夫は8時頃帰宅しますが、風呂、ビール、めし、と言って、あとは寝るだけの人で、少しも話相手になってくれないのです。

欲求不満の人妻の私のストレスはたまるのみで、身体をもてあましているのが、本音です。外で働いてみたいと言ったら、実直な夫は、教員の妻がパートなんてもってのほかだと、それはもう顔色を変えてしかりました。

でも、なんとか現状を打開しないことには、私のほうがうつ病になってしまいそうなんです。

京都には、知り合いも友達もいません。結婚と当時に京都に引っ越しました。

お恥ずかしい話ですが、夜の営みもこの 一、二年はさっぱりなのです。完全にセックスレスですね。

以前はそれはそれは、私が恥ずかしいくらい、夫は私を求めて、濃厚に愛してくれたものでした。今では、夢だったのかと思うくらいです。

夫が浮気などしていないことは、妻の私にはよくわかります。

なにせ、このごろの教員は大変ですから、夫もくたくたに疲れて帰ってくるのです。お給料の3倍は、働いていると思いますよ。

夫がときおり洩らす、校内の状況を耳にするだけですが、だいたいのにとは察しがつきます。一般の父兄の方には、想像もっかないくらい、大変なのです。

家出に神待ち、援助交際等々。教員の手の及ぶところじゃありません。ですから教員だって、ときには怒りを爆発させる気持ち、私には分かるんです。

熟女人妻と言われる年齢ですしね。

浮気希望の人妻が集まる

人妻出会いSNS