人妻浮気

浮気する人妻と気付かない夫

浮気で見る人妻と夫の違い
男女間のトラブルで最も修羅場の多い原因が「浮気」。「愛する人がいるのに、他の人とも付き合えちゃうのはナゼ?」と思うのが普通、と思われがちです。しかし、意外に割合は多く、例えば既婚の人妻女性の3割が浮気経験があるという統計も出ているとか。このように、男性しかしないと思っていたけれど、じつは女性にも増えつつある浮気にはいろんな心理的、身体的な要因があるようです。

 

そもそもなぜ人妻は浮気をしてしまうのでしょうか。数々の諸説を紐解くと出てくるのは「自然な成り行きで」などという曖昧な答え。
しかし、その裏にはちゃんと理由があります。基本的に恋愛に発展しやすい相手とは、職場の部下や同僚、友人の紹介、よく行くお店の店員など、最初から身近にいて、よく話を交わす相手でかつ、自分の本音を語れる対象、と感じる存在に出会えた時です。自分の足りない部分を凹凸のように埋め合わせることができるパートナーを男女ともに探し当てて、出会いカップルを作ります。

 

しかし、長い期間の間に、例えば、どちらかが付き合い始めた頃に持っていた問題は解決され、不安材料が払拭してしまった場合、二人で共有していた時間から遠ざかり、新たなステージに移ってしまうことがあります。これに追随できるパートナーは、引き続き相手をフォロー出来ますが、対応しきれない、と判断すれば、「あの人は変わった」という感覚に陥るものでしょう。孤独感や疎外感をなんとか補うために、別の人を探してしまう、もしくは「出会ってしまった時」に歯止めがかからなくなる、これが浮気のスタートと言えます。

 

男女ともに相手とは別れず浮気を続けるのは、あくまでも「現状維持のストック」を保っていたいからです。ただ、ここから男女の浮気の視点が変わってきます。
男性の場合、ある時点に差し掛かると、浮気と現実を線引きするようになります。浮気の相手は後から生じた存在ですので、「本命」が事態に気付くまでのモラトリアムのように付き合いを続けます。この場合、本命に対しては忠誠を誓っている気分でいるため、罪悪感はありません。あくまでも浮気、です。

 

ところが、人妻女性にとっては浮気を決意する時点で浮気相手を対象とし、「将来はこの人と添い遂げるかも」と言う心理の移行が発生します。

 

それは、人妻女性が相手に一途になりやすく、また「二股をかける」行為を器用にこなすことが苦手だからです。証拠に、男性は浮気の相手を身近に置いておく性分があり、浮気がバレやすい一方、女性は、浮気相手を自分のパートナーや家庭から遠ざけようとします。

 

別次元で「もう一つの恋愛」を行うためになるべく遠くでの秘密の出会いを好むのです。
このように考慮すると、男性の浮気は「火遊び」、人妻女性の浮気は「現実逃避」と考えてもいいかもしれません。その結果、男性は浮気を繰り返し、女性が浮気したカップルはその後別れるケースが多くなるのです。

 

いずれにせよ、浮気は互いに一度は愛し合ったパートナーへの裏切りであり、どう転んでもさほどいい結果を生まないことは目に見えています。浮気の虫が現れたら、まずは理性を持って対処することを忘れないようにするべきでしょう。


浮気希望の人妻が集まる

人妻出会いSNS